海外
  • 海外グループ会社
    • 美迪克(上海)商务咨询有限公司
    • 共生(大連)商務諮詢有限公司
    • 台灣善合股份有限公司
    • Angkor-Japan Friendship International Hospital
    • クヴィアン小学校・カンボジア日本友好共生クヴィアン中学校
    • カンボジア日本友好技術教育センター
    • NGO共生の家
  • 海外子会社・合弁会社
    • 瀋陽長者会
    • 上海介護施設
    • 広州谷豊園

福祉機器の導入/活用

#介護の”質”を高める

元気村グループでは、ご利用者の皆様により良いサービスを提供できるよう、様々な福祉機器を導入しています。
また、働く職員の負担軽減にもつながる機器の導入も積極的に行っています。

 

スライディングボード/フレックスボード

元気村グループの介護では、「押す、引く、ひねる、持ち上げる、運ぶ」を過度な負担が伴う状態で絶対に人力では行わない「ノーリフティングポリシー」を掲げ、ご利用者の身体に合わせた福祉用具・福祉機器を導入し、「持ち上げない介護」を実践しています。

その一つとしてスライディングボード・フレックスボードは全施設に導入をして活用しています。
福祉施設での職業病である「腰痛」を防ぎ、ご利用者にも「安心安全な介護」をご提供するためにも福祉用具のスタンダード化を進めており、元気村グルーブの介護職の全職員が安全に使用できることを目標とし、動画講習や実地研修を実施しています。

 

床・天井走行リフト

今までの介護技術では、移乗の際には介護者がご利用者を抱えて、持ち上げるという方法が一般的でした。

しかし、’持ち上げる’ことは腰痛発生・悪化の危険があり、ご利用者にとっても相当な力で体を締め付けられる事となり、圧迫骨折等の危険が常にあります。

元気村グループでは床走行リフト・天井走行リフト・入浴用リフトなど環境に合わせたリフトを導入しています。
導入当初は、職員から人が介助しない不安等もありましたが、現在では、リフトにより介護者の職業病である腰痛を予防するとともに、ご利用者の安全を守るために有効だと共通の認識をもって使用しています。

 

リラクゼーション機器

施設では、ご利用者に快適に過ごしていただくためにリラクゼーション機器をご利用いただいている施設がございます。

「スカイウェル」

電気刺激によって肩こりや不眠に効果があるとされています。※導入:阿見翔裕園

 

「アクアタイザー」

温水圧マッサージ機器です。体形・身長に合わせられるため好評をいただいています。※導入:阿見翔裕園

 

「ホットリズミー」

温熱治療の乾式ホットパック装置です。※導入:かしわ翔裕園

 

「メドマー」

ブーツタイプのエアマッサージ機です。浮腫み予防に効果があるとされています。※導入:かしわ翔裕園

 

「岩盤浴」

遠赤外線の岩盤浴ベッドになります。※導入:ふなばし翔裕園

その他の取り組み

取り組み一覧へ戻る

その他の取り組み

取り組み一覧へ戻る

全国に広がる
ハートフルネットワーク